So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

がんばれ赤松! [☆広島東洋カープ]

今週もカープは安定の戦いをしてくれたんで~今日はグランド以外のネタで……
誠也だけと思いきや、九里&薮田の加計学園出身コンビまで週刊誌に追われるとは……。記事の中身は「喝!」でしょうが、カープが首位を独走して、他のチームファン記者が妬みで書いたんでしようかね〜。こういった記事がでるなんてよくあることですが、カープの選手の乱恥気騒動で盛り上がり、ただ選手達は記事に萎縮することもなくグランドで堂々と活躍っ、すごいチームになりましたな。相手チームにも、ゲーム差の過信にも、スキャンダルにも負けないチームっす!すごしです。
そしてこの流れで書くべきことでは無いかもですが、早く元気になって欲しいんでこの流れで書かせてもらいます。
image-20170723231913.png
TBS
今週の赤松の番組も拝見しました。カープファンみんなびっくりしたのではないでしょうか?昨年検査で見つかった早期ガンを告知して、その後先週あたりから練習再開のニュースをみてたんで、単なる早期の小さな腫瘍を取り除き早々にまたグランド走り回る赤松が秋くらいにはみられると簡単に思ってたのですが……本当に改めてガンはおそろしいですね。リンパまで達し、抗がん剤治療までしていたとはびっくりです。
あせらずまずはしっかりリハビリして体力回復してからグランドに帰ってきてほしいすね。なんか今日は野球を軸にして真逆なネタになりましたね。反省。
がんばれ赤松!
トラックバック(0) 

今年の夏もさらりと広島訪問! [☆広島東洋カープ]

image-20170717170207.png
image-20170717170220.png
カープの試合無いペナントレースの中休みに限って広島で用があり(涙)広島に帰ってきました!
新しくできたLECTでカープイベント参加したり、カープグッズ探したり何とかカープチャージして東京に戻ってます。
image-20170717170238.png
まあメインはこれが見たかったんですがね〜。
image-20170717170437.png
image-20170717170516.png
image-20170717170533.png
それにしても広島に帰るたびに広島駅進化中ですな!
昨年同様今年の夏もさらりと広島訪問で、時は秋なり!
トラックバック(0) 

ペナントレース前半戦を終えて! [☆広島東洋カープ]

image-20170713231717.png
image-20170713231726.png
JSPORTS
ペナントレース前半戦が終わりましたね。油断は禁物ですが、ここにきても6球団いち勢いあるのはやはりカープに間違いはありません。ただただ前に!です。
前半振り返ってみると、まずはMVPは丸ですかね。WBCにでれなかった悔しさと出れないことでキャンプからオープン戦でしっかりフォーム固めができたお陰でバッティングフォームにブレがほとんどないですね。昨日の死球が心配ですが。
投手は今村ですかね。昨年抑えとしてフル回転した中崎くん、キレとコントロールが持ち味で、とんでもないすごい変化球があるわけでない抑えは、さすがに二年連続フル回転では絶対にどこかでガタがくると昨年から心配していましたが……早々にガタがきて調子あがらない事で、今村くんにお役がまわりまさかの数年前のスピードが戻り、ココイチにしか力入れない省エネ投法と昨年のVロードを経験したことによりマウンドでの自信を感じます。復帰した中崎も腐ることなく自分の持ち場で安定感を発揮してます。中崎が昨年と違い余裕で後半に入れることはチームとしても心強いすね。
そしてまあ今年の強さの肝は控え選手ですな!技術向上というか、優勝というものを輪の外やテレビで見届けた選手ががっつき……俺だって!と。
●優勝を二軍で見届けたキャラが一軍の狭き枠をこじ開けるべく、派手に登場してきますな。
→バティスタに岩本くん
●また一方で数少ないレギュラーの隙間を狙う
→安部ちゃんに西川くん、そして翼も石原に追い付き追い越せ!
●投手のほうでは
→薮田に、岡田。
エルドレッドまでバッティングだけでなく守備、走塁とがつがつすれば……野間や堂林など特待生枠キャラも結果主義で追いやられ気味っすね。
ベテラン新井もしっかり輪の中心にいますしね。
後半も福井、床田、加藤、堂林、下水流あたりのひと跳ね期待したいすね。
まあ個人的には梵、永川、江草あたりの渋いひと跳ねにも期待したいものです!そしてそして赤松の躍動する姿も早く見たいものっす。
トラックバック(0) 

新井さんはやはり凄しです! [☆広島東洋カープ]

image-20170709183439.png
フジテレビONE
金曜日の9回ミラクル新井の一発は感動しましたね。仕事帰ってから15回は繰り返しみましたねー。このおっさんやっぱりすごいなあ。そして今日も同点打!
金本阪神さんも今日は勝ちましたが少しづつ力尽きて、ベイさんがあがってきました。まあカープとはあまりちじまってないですが、ただ打撃破壊力抜群、先発頭数います。そして何より直接対決は負け越してます。直接対決だけは要注意っす!そして巨人はなんか最後は三位あたりに食い込んできそうな雰囲気もでてきましたね。まあただ我々はあ相変わらずいい意味上から目線でドンと構えて怪我なく、大連敗なく各チームお手並み拝見スタンスです!
image-20170709183715.png
強いカープは選手に任せて、私はとうとう森保までいなくなったサンフレッチェを応援に日産スタジアムへ行ってきました。
image-20170709183730.png
寿人が出ていき、森保が辞めたらもはやサンフレッチェでは無いような……。サッカーという世界はそういうもんなんですかねー。
最近はクラブワールドカップの横浜国際総合競技場として、よくいってたんですが日産スタジアムとしては久々でした。
この日の試合は中盤でのマリノスマークゆるゆるで、サンフレが80%以上ゴール前で攻めてるのにほとんど決めきれず、つうかシュートらしいシュートが全く無く完全なるストライカー無き決定力不足をあらためて生で感じました。皆川がえらい献身的に頑張ってる感がありましたが、まあ皆川が献身的ではだめだろうし、ゴール前でどんとかまえるストライカーがおりません。そしていつものごとくカウンターくらい個人技で先制許しドン!まあ今日はひとねばりありましたが。
image-20170709184117.png
鉄壁の守備で5連勝中のチーム相手だっただけにまあ負けなかったこの一戦を足掛かりに後半戦はそろそろ暴れはじめてほしいです。ただそうそうに新しい指揮官投入されそうなんで後半心機一転といったとこでしょうか。
個人的な今日の私の感想は……今日は斎藤学のスピードに対応できるのは柏しかおらず絶えずDFと柏二枚で斎藤マーク。なわりには前線サイドから切り込みはいつも通りの数こなしてフル出場、やはり柏恐るべしっすな。
トラックバック(0) 

最後まで出川哲朗を見届けるべきでしたねー。 [☆広島東洋カープ]

image-20170702222550.png
JSPORTS
まあそれにしてもカープは強いすね。jsports1で左うちわ観戦なんで、ついつい秋にむけてjsports2でソフバンVS楽天戦でお勉強しながらのながら週末カープ観戦になりました~。なんて油断してるとCSでベイさんに足元救われるんで浮かれトークも今日はこれぐらいに。
一方DAZN解約した私はJリーグ観戦する術を無くしてしまいましたが、なんとテレビ埼玉さんがサンフレ中継やって下さいました。パチパチパチ!
とうとう林まで下げた采配にしらけ気味観戦から、内容も大事ですがまず結果の今、前半で既に0-2。チーン!まあ土曜日の夜は出川哲朗に、タモリに、池上さんとたくさん観るもんあるんでチャンネルは出川哲朗へ。一瞬観てやろうってチャンネル戻したら、同点!逆転!おっ……はあ~最後まで出川哲朗を見届けるべきでしたねー。チャンネル戻して期待した私がバカでした。まあ得点欠乏症のサンフレにしてみたら浦和から三点は喜ぶべきなんしょうね。試合内容は久々に骨ある戦いっぷりだったんで、パトリックと丹羽を森保がどうはめ込むか?すね。これが肩透かしに終わればもう覚悟せねばです。くれぐれもたいした成長のない若手やサブ積極起用とかご勘弁ください。
トラックバック(0) 

カープは首位固めもサンフレの試合観てDAZN解約!さようなら〜 [☆広島東洋カープ]

image-20170625221558.png
JSPORTS
ミスタービデオ判定広輔君の忍法「消える打球」で、首位攻防の初戦をしっかりつかみ流れ引き込み首位固めに成功させていただきました。
ベイも、今日は負けましたが中日も気持ちだしてまだまだ戦ってますんで、しっかり阪神様と潰しあってください。カープは足元すくわれぬように!です。
東京人工芝コンビはまあ来年にむけて頑張ってくださいねー。あーご機嫌ご機嫌!
一方サンフレッチェはとうとう補強に走り出しましたね。パトリックに……。今年当初の補強はまらず、怪我人に泣き……どこぞの黒いチームと同じ症状、唯一違うのが指揮官が優勝を知る監督!ただとうとうアップアップの大宮さんにまでホームでやられるとは(涙)、今年ホーム勝利がまだないって異常すね。J2落ちるべくして落ちるチームになってきましたね。やはりスタジアムのホーム感がないっていうのもこの弱小サンフレの原因のひとつでもあるでしょうな。サポーターの声援かとでなく、スタジアム問題がいっこうに改善されないことで、チームの魅力を欠き、選手は出ていき、チームは崩壊……まあこのストーリーがサンフレ弱さのいち原因ではありますな。カープのホームでの雰囲気からの強さをみるとまさにです!とりあえずDAZN解約しました。
トラックバック(0) 

またしても相手チームの歓喜の場所にさせた屈辱を! [☆広島東洋カープ]

image-20170619094019.png
JSPORTS
残念でしたね。最高勝率なんで両方交流戦チャンピオンかと思いきや。直接対決勝ち越した方がチャンピオンなんすね。まあそんなルール調べるとこまで、このチームが登ってこれたことが幸せでございます。2年前までずーと5割で乗り切れば夏場なんとかCS進出の戦いがみえてくる!と挑んできただけに……まあまあ序盤で大差つけられたゲーム以外はほとんどしっかり勝ちきれましたし、力の大差を感じるチームはあまりなかったすね。ただ「熱男」「1ダフル」と日本シリーズに続き、交流戦まで相手チームの歓喜の場所にマツダスタジアムをさせてしまった屈辱は、目に焼き付けて秋にしっかりリベンジしてやりましょう。特にソフトバンクにはオープン戦、交流戦とボコられ続けた歴史しかありませんからね。
まあまずはしっかり休み、週末地元での首位攻防で勝ち越してまいりましょう。
image-20170619094653.png
そして土曜日、味スタに続き、等々力にサンフレッチェ生観戦してまいりました。塩谷は移籍決定、柏は脳震盪で負傷退場し、後半粘りきれず失点してあえなく敗戦。フロンターレもそんなに今年は強いとはおもわないんですがねー。正直ここまで危機的状況でも、私には淡々とした戦いぶりにしか見えませんでしたね。いまは戦術どうこうより気持ちだと思うんですが、チームを明るくさせるキャラやプレーで鼓舞する選手はいるんですが寿人のようなチーム全体をグラウンド内外でコントロールできる選手がいないのも現状ですね。そして成長のない若手起用ばかりで、シウバも工藤も全く起用しないチームはそらあ怖くないっすね。
トラックバック(0) 

ナインと一緒に移動気分満喫中! [☆広島東洋カープ]

北海道&仙台シリーズ~四勝二敗!
現在12球団いち勢いのある、しかもアウェーの楽天戦で、二敗と負け越しましたが、飲み込まれることなく投手陣もしっかりゲームつくり紙一重なゲームでしたね。北海道で元気のない日ハムさまをしっかり抑え込んだおかげで貯金ロードとなりました。十分す。
さあ交流戦最終週、三次で一試合ありますがホームで腰を落ち着けて強豪オリックス、ソフバンと6試合。気負わず、怪我なく、連敗なくで行きましょう!
そして東京在住の私、広島出張で本日ただいま最終前の新幹線で広島へって「まさか!」のグリーン車に皆さんいらっしゃいました。6時間の新幹線乗車で広島まで。あらためて大変なお仕事ですな。今日は負けてお疲れでしょうし、私もおとなしく広島むかいます。ただなんか嬉しいな。
image-20170611221853.png
そして塩谷はどうすんやろな。まあ普通行くわなあ。
トラックバック(0) 

日本野球仕込みのドミニカン助っ人衝撃デビュー! [☆広島東洋カープ]

image-20170605181300.png
JSPORTS
なんとかボコられずに交流戦スタートしましたね~。
まあこれから日ハム、楽天、オリックス、ソフトバンクと実力のあるチームや調子乗ってるチームばかりっすから、さらに気を抜かずに頑張っていかねばですが~。そんな中、今年も昨年の「神ってる」につづきバティスタのプロ初登録からの二打席連続HRとはこれまた神ってきました。こういったキャラが現れてくれるとチームも活気づきます!こういう選手が育成から現れてくるとこもカープのチームとしての戦略の厚みを感じます。日本野球仕込みのドミニカン助っ人って……広島ぐらいしかつくれんでしょ。また中村祐を筆頭に若手投手陣までも日南、由宇でしっかり熟成させた選手がここにきてしっかり花開きつつあります。
さあ阪神もしっかりついてきてます、今週はジョンソンもあがって来そうですし気い引き締めて前向きにいきまひょう。
一方サンフレッチェ。上記のカープのような状況をつい最近までサンフレで語ってたんですがね~。本当に怖いっす。確かついこの間「ACLに向けて二チーム分ぐらいの戦力があり、誰が出場してもスタメンと遜色なく戦える」てなことを指揮官は言っていたような。いろんな原因があるんでしょうが、ひとつにはサブや若手が思った以上に成長してないとこに一因はあると感じますねー。まあとは言え降格するような戦力ではないと思います。若手シフトなどとは考えず、開幕当初のメンバーでもう一度気持ちと継続性を持って立て直し降格圏内から早々に抜け出させることができるかできないかが、リーグ優勝三度も導いた名将森保の真価であり、あらためてお手並み拝見!と前向きにいきたいっすな。
トラックバック(0) 

ビジター週末にジャイアンツ様を完膚なきまでに!3タテ! [☆広島東洋カープ]

image-20170528205354.png
image-20170528205405.png
image-20170528205334.png
G+
またまた巨人様をスイープ!週末ビジターで完膚なきまでにボコりまくり最高でーす!金曜日生参戦しましたが、巨人ファンが「草野球かよっ!」てヤジってました。そのイライラ度が、さらに私の快感度数をあげてくれました!最高でーす!
今年はまだ一度も東京ドームで負けてません。昨年の感動的な瞬間をここで迎えることができ完全にマツダスタジアムの次にいいイメージを選手たち持ってますね。ナゴドは先週のようにいつまでたってもイメージ悪しですが。
そしてとうとう交流戦がやってきました。交流戦を制すものがペナントを制する!と言っても過言ではありません。まさに昨年のカープもしかり!
ここにきて打線はさらに好調ですし、特に誠也と松山は絶好調と察します!
投手も中崎が復帰し、ジョンソンも交流戦から、若手先発陣もしっかりゲームつくってくれてます。まあ交流戦いつもですが、上手に勝ち進めば一気に独走状態、五割ぐらいでいければまだまだ夏まで首位戦線戦えるはず!まあようはずるずる大連敗しなければです!気負わず、いつもの野球をやっていきましょう!まあ我々には神ってる選手がいますからね。あとオコワを使わない楽天さんがどれだけ強いかお手並み拝見と参りましょう!
トラックバック(0) 

祝!安部ちゃん入団10年目で初の首位打者! [☆広島東洋カープ]

image-20170528093311.png(26日現在)
image-20170528110214.png
安部ちゃん!カープ入団10年目で規定打席到達し初の首位打者!うれしいですね~。元々育成のカープですが、それも昔の話で、理論なき生え抜き天下りコーチ陣に、老朽化した育成施設……と育成しようにもな状況が長い間続いてきましたが、タクローがカープやってきたあたりから、チームの雰囲気が確実にかわりましたね~、自ら独身寮に入り、ブログを使いあまりファンには見えないところをさまざまな角度から写真も駆使して魅力的に、またあるときはしっかり問題提起的に伝えてくれ風通しが良くなったような。そしてカープにそのまま残ってくれてコーチ就任。じわじわとタクロー理論が東出フィルターを通し浸透し若手に結果がではじめ、さらに外で学んだ理論派河田守備走塁コーチも加わり、何十年も苦しんだ若手育成がみるみるかたちになり昨年一気にセ界制覇。また球団フロントも体質改善し、儲かったお金はしっかり練習、育成、若手のためにつぎ込んで知らぬ間に一軍も二軍もそれなりな施設が整ってきました。
安部が首位打者インタビューで「ボールの内側を叩くイメージで日々打席にたっている」とか「キャンプで早出練習より早くスーパー早出で特訓した」的なコメントを聞くと決して入団当時から天才でも、能力に長けているわけでもなく、上記の流れのまさに申し子だと感じます。
この二試合も各選手の打席、走塁は相当チーム戦略もち、意識付けして、反復練習されているプレーを多々見ることができました。エルドレッドまで隙あらば一つ先の塁へ、一つのプレーに集中な意識ですごしです!育成のカープここに復活ですな!
トラックバック(0) 

名古屋手羽先食べ放題ツアーカープ野手陣御一行様! [☆広島東洋カープ]

この見出しシリーズ‥‥
2010年6月以来のこのシリーズネタ久しぶりに書かせてもらいます!そう決して前向きなネタではなく、名古屋で飯だけ食い働かずに帰る皮肉的なシリーズネタです。当時はヒューバーについて書いておりましたね〜(笑)

なんか最近の起用として、そこまで不調じゃないけど、データや相性みながら、年間離脱しないように~ベテランや怪我人を休ませながら使いながら、また何とかボーダーライン選手や魅力ある若手にチャンス与えながらの日替わり打線が昨年よりさらに増えてますが、もちろんチーム方針なんでとやかくいいたくはありませんし、ファンにはわからない選手の怪我の具合もあるんでしょうが‥‥あんまりやり過ぎるとしっかり完成した打線が一気に崩壊しかねない怖さをこの三試合あたりみてると感じます。
まあまあ一年を見据え、バテないよう起用して、夏以降どーんと連勝すれば大成功なんでしょうが、こういう全く打線が機能しない、放送みてても次の打者が誰だかわからない起用をされ3連敗という結果をみてしまうと、いざ主力で固定しても機能しなくなったり、打線の崩壊を招いたりするのではと不安でしょうがありませんね。マツダスタジアムでは異常な盛り上がりをみせ声援をパワーにかえて勝利につなげてますが、五月のビジターでの惨憺たる結果はしっかり反省すべきだと思います。
そしてチャンスもらった選手は、勢いや積極性は感じますが、もう少し気持ち集中して戦わないと細かい守備のミスが非常に目立ちます。そしてそれが結構痛い失点に結び付いてます。投手陣はある程度頑張ってますが、野手陣がじわっと足を引っ張る試合がちょいちょい生まれているのも気になりますね。
まさにサンフレッチェの森保監督が「誰がでても同じように戦える高い戦力」とか昨年はじめに言ってたチームがまさかの一年でこの惨状ですよ。気持ち引きしめて戦いましょう。

今週のサンフレッチェ、甲府に逆転勝ちしました!さあ気持ち強くもち、過去の王者なんてプライド捨ててなりふりかわまず、早く降格圏から抜け出しましょう。
トラックバック(0) 

大崩れだけはせぬように! [☆広島東洋カープ]

image-20170514223430.png
今シーズンのゲーム消化もホーム&ビジターで、ある程度一回りした5月中旬ですが……。
阪神やベイ、ヤクルトはこんな田舎チームに負けてられんと目くじらたてて広島に各チームの打線が襲いかかってきますね~。これをさらりとかわせるのが常勝軍団なんでしょうが……まあそこまで大人なチームでもありません。まだまだ序盤、無理せず、相手チームの自滅や疲弊、若手の登場、若手の変わり身からのチーム安定を祈るばかりです。
一方中日さんはすいません、今んとこ力の差があり(いまだけっすよ~汗)、そして巨人さんはだまだ戦力も揃わず……リーグ序盤、まあいまそんな本気では。といったとこでしょうか?
昨年優勝して、黒田が抜けて……ジョンソン、中崎いない中、これぐらいの展開は想定内というか、逆に皆、優勝を経験して一皮監督含めて向けて、いい感じではないでしょうかね。各チームとんでもない補強がない分、カープも要所要所大崩れしなければ優勝戦線から脱落はしないと思いま〜す。
まあまずはジョンソン、中崎待ちながら、交流戦までうまく戦い、交流戦で大崩れしないことを願うばかりです。
そして一方サンフレッチェ~FWの変わり身や順応を願ってましたが、とうとうDFまで崩壊すな。これはほんとにJ2落ちたくなければ劇薬補強は必要すな。ただそれで今年生き残っても、チームは崩壊し0からのスタートは否めません。なんでこんなことに(怖)
トラックバック(0) 

四球、四球の三連敗! [☆広島東洋カープ]

大量の四球、ここ一番の四球、回のあたまの四球など四球に苦しんだ三連戦でしたね。これだけ四球だしたらもう采配とか展開とか以前の自滅な三連敗すな。
今日の三戦目は「どんだけ打ったら勝ってくれんねん」という打者陣の無言の訴えですかね。
急にストライクが入らないとか、急に失点して止まらないつうのがプロのいっぱしの投手として一番やっちゃいけないこと!一発食らっても、逆転されても最少失点で流れ切る!それが大事。岡田くんよく覚えといてや。普段それほど期待されてない投手は止まらなくなる前に降板させられますからね。ようは信頼ある投手がやるからこそダメージも大きい。監督も判断鈍るし、後の中継ぎも準備できてません。
昔福井とか斎藤悠とかの時に何度かこのことは書いてきましたねー。懐かしい~。
まあ加藤くんはまだまだ実力不足しっかり二軍で鍛えてください。九里はここがプロとして生きていくための踏ん張りどこですな。中継ぎ陣は疲弊と層の薄さを露呈してしまいましたねー。勝ちゲームの中継ぎ陣からはガクッと戦力落ちることは事実です。まあここは秋に首位戦線生き残っていれば気合いと捕手のリードで今年は騙し騙し戦い抜くしかありません。
週末の甲子園とハマスタは気を付けろ!とこれまた口酸っぱく言ってますが、流れが相手にいくとスタジアムの雰囲気が一気におせおせにかわります。そこに慣れない守備位置にいる野手がこの3連戦結構いて……あとは中継ぎ疲弊中、序盤で大量得点差の油断、甲子園のスター松山の不在‥‥これらがすべて重なってしまい9-0からの悪夢の逆転負け。今日は完全に意気消沈。せっかく中日三つたたいて甲子園に乗り込んだのにねー。褒めたとたんの三連敗。
本当に野球は流れにおされると怖いスポーツすね。
さあこの屈辱はいずれ三倍返しでお返ししてやりましょう!くそ〜!
そしてサンフレッチェ久々にNHKBSで中継してもらいネット中継から解放され心機一転も‥‥またまた先制許し同点がやっと。野津田あたり戻せないんすかね。
トラックバック(0) 

ゴールデンウイークど真ん中でルーズベルトゲーム! [☆広島東洋カープ]

image-20170504210305.png
JSPORTS
投手陣があっぷあっぷでも、終盤の打線は本当に粘り強いすなー。お客さんも満員御礼で。もう最近素人にはあまり書くことないっすな。こんな時代が来るとはねー。
西川、安部‥今年も色々成長してきますなあ。
何十年も耐えに耐えここ数年は育成ビジョンも明確にファンまで理解するところとなりあらためていいチームになりましたな〜。
・野手は足と守備に長けた選手をドラフトし、守備や足から一軍定着、スタメン定着で、打撃不振でも一軍での存在意義をつくり粘りながら一軍でじっくり成長させれる環境がつくれている。
・投手の育成は不可能と悟り‥大学、社会人を軸にドラフト。すでに実力ある投手陣に知名度も経験値も抜群の佐々岡があとはプロの精神論を注入。その投手陣をがっつりリードするのは、カープファンも達川以来ずっと耐えて耐えてきた優勝を知る捕手、石原、會澤の存在。いまのカープの肝っすな。ここがしっかりしてくれていればそらあ投手は結果出しますわな。
・外国人助っ人補強は金銭面や起用法だけでなく広島での生活環境整えたりと独自のオプションで他のチームとは一味違ったアプローチ。
・コーチだけは外でもまれた理論派を配置。
・屋外本拠地を考慮して、新井、石原ベテランは一年間持つようにやすませながらの起用。
・ソフトバンクの二軍施設とは双璧な日本昔ばなしに出てきそうな景色の由宇や日本三景しかない大野といううつつを抜かすようなとこなど全く無い、こんなとこでくすぶってはいけないという、また二軍落ちして腐ってもリハビリか練習するしかないという環境をあえて与える虎の穴ならね、鯉の穴環境作戦。
などなど何から何まで……暗黒から脱却すべくのここ数年の種まきがすべて面白いように、花開いています。
ただ「栄枯盛衰」、過信せず、不調や怪我、そして飽きやすい広島気質。まあ色んな時代が今後もおとずれるでしょうが、絶えず魅力的なチームでいてくれればです。
そしてまさにいまのサンフレッチェがカープの反面教師でしょうな。カープより少し先に優勝して、少し先に何をやってもうまくいき、少し先に常勝軍団まで上り詰めたチームが‥‥あっという間に怪我と補強や移籍の判断ミスでこの体たらく。完全に崩壊してしまいました。過密日程の中でのルヴアン杯。主力休ませて、簡単に敗戦。果たしてこの判断でいいのだろうか?パスサッカーが機能しないなら、体力疲労を考慮するより試合で機能のさらなる潤滑化させるほうが先ではないか?勝ちゲームを勝ちに飢えてるサポーター見せることが先ではないか?
J2に落ちない調整的な戦術にしかみえない。J2に落ちようが怪我しようが今は一試合一試合を全力で戦うことでしかサポーターの心には響かないのではないか?やはりいいたくないが寿人の抜けた穴はあまりにもでかすぎる。
トラックバック(0) 

祝!連敗脱出! [☆広島東洋カープ]

祝!連敗脱出!一軍あがったばかりの西川君がチームの悪い流れをかえてくれるとは……スカッとしましたねー。緒方采配ずばっとはまりました。
それにしても審判運も無く、天気運も無く気がつけば先週はえらい負けましたねー。まあ昨年あれだけ派手に優勝すれば、他のチームもしっかり研究して、いい投手たてて、カープに対してどのチームも目くじらたてて試合粘ってきますからね。
カープの今年のいままでのスタートダッシュは昨年の余韻でしたかね。まあこれからが成長の真価が問われますね。まずは最初の正念場ですなあ。
個人的にはチーム全体が打てなくても、昨年前半のルナのようなおっつけ軽打で、高い確率で出塁してくれ、個人技でチャンスメイクしてくれるバッティング技術のあるベテラン打者がいないのが苦しいすね。簡単に初球フルスイングで打ち上げたり、強引に引っ張ったり一昨年のバッティングに逆戻りな選手が目立ちます。まあタクローがまだ鞭入れず首位陥落まで選手個人にかんがえさせ好きに打たせてる感もありますが……。
投手陣は逆にこんなもんしょ。エースも抑えもいない中、中継ぎ含め故障者以外はよく頑張ってます。
加藤、床田はいいスタートをきりました、ただこっからでしょうね。岡田になれるか?横山やオスカルになってしまうのか?さあがんばれー。
あと昨日のマエケンのカープではほとんど見たことないサンドバッグ状態は心配です。気圧の高いスタジアムではありましたが自信を完全に失ってる投球でしたね。
トラックバック(0) 

カープもサンフレッチェもマエケンもな日曜日 [その他]

カープ負けて、サンフレ負けて、マエケン打たれて散々な日曜日でしたが……まあいままでがしあわせ過ぎたんですかね。なんか週末全試合中継観戦してのこの救いのない感じ……逆に懐かしく少し落ち着きます。長い歴史で結局負け癖が染み付いてんのかもしれませんねー。サンフレッチェのこの未来なさそうな負けっぷりなんて2000年代一桁年までさかのぼりますからねー。スタジアム建設の広島行政の誰がみてもこのやりますやります詐欺と言っても過言ではない完全なやる気の無さから……このチームどんどん運気まで下がりだし、勝ち運以前の補強や移籍や怪我などの選手運はガタガタです。耐えねばならない時期に突入しましたね。まあカープのおかげで私の堪忍袋はまだまだ大丈夫そうではありますが。
トラックバック(0) 

守備と走塁に大きな差! [☆広島東洋カープ]

image-20170414000755.png
今日は写真も文章も上から目線で!
いやはや怒濤の10連勝!よう打ちますな~。今日なんか今後のためにカミネロと対戦しときたいと敢えて一点ビハインドゲームの展開に持ち込んでのフルボッコ!オレンジアフロのスタンドが痛々しいばかりです。まあ巨人さまも大補強とかいいながら、吉川より高木勇のほうが!森福より山口のほうが!カミネロより沢村のほうが!…結局のところいいんでは?姿みない陽に至っては本当に巨人に入団してんのか?という噂まで。ようは今活躍する選手ではなく過去活躍した選手ばかり補強した、まあ飾るだけの骨董品補強とでも申しときましょうかな。戦力アップ感はこの三連戦全く感じませんでしたねー。
まあそれにしても打線も打ち合いでしたし、投手陣も先発陣がやや終盤までカープのほうが粘れたぐらいでそんなに差はない試合展開なんすが、これだけのカープの大勝なイメージをつけさせたのは、やはり守備と走塁ですな。これに関しては相当なレベルの違いを感じさせてもらいました。補強は点でしか野球を強くできません。まあそれがチームに馴染めば最強になるのでしょうが、そこまで待てないのが巨人さまだけに…。この部分だけは一年通して少なくとも巨人には負けないでしょうな。まあまだはじまったばかりです。気負わず「流れの切れ間」だけ意識して丁寧に、「怪我」だけ気をつけてさらに戦っていきましょう!
ちなみに次の阪神戦、なにわのサブマリン青柳だけはあまり無理せずバッティングフォーム崩さない程度の戦いでいまはOKでいきましょう!
トラックバック(0) 

サンフレッチェ今季初勝利! [☆☆☆サンフレッチェ]

image-20170408134354.png
加藤くん惜しかったですね。まあジョンソン先発想定でヤクルトにもあまりデータなくうまくはまった感じですかね。四球七つはいただけないと各スポーツ紙の論評ですが、ほどよく荒れながらフォークのバリエーションで狙い球しぼらせず6回ぐらいまでのらりくらりがパワーピッチャー加藤くんの真骨頂なんではないでしょうかな。慶応ボーイらしからぬ風貌は松山並の広島顔ですな。粗削りなまま成長してほしいっすね。

まあでも私的には昨日はカープよりサンフレッチェ今季初勝利かなあ~開幕から勝利無しの四連敗、怪我人だらけ、FWは全く機能せず、今後は上位チームとの対戦が増え…と不安だらけで、今年はもう完全崩壊で勝てないんでは?とサポーターみんながぼやきだす中、因縁の対決ではありますがもうそんな対等な発言してらんない、アウェーでリーグ戦負け無しのガンバ戦、しかも青山欠場、大敗も覚悟で初めてDAZNでフル観戦。いやあ前半から失点の恐怖にファミレスで体固まりっぱなしで、工藤の得点後の30分以上さらに体かっちかちで一人で一喜一憂しておりました。
それにしてもこの負のスパイラルの中よく勝ちました。そしてよく守った!
まだ今季この一試合しか観てませんが、今野はいませんでしたがガンバ相手に一昨年のような全盛期の質まではいきませんがチームのまとまりとしてはそんなに悪くはなかったかと。
まあ守りは選手もほぼ同じでいつものサンフレッチェで安定感ありました。いままでは得点できない不安が前半に変な力みやプレッシャーになり失点につながったように思います。守りは自信持っていつも通りで!です。
守備も攻めも組織サッカーのサンフレッチェ。やはり前線がまだまだですよね。縦パス対応も、全線同士の連携も、サンフレッチェ攻撃の代名詞の一つサイドからはほとんどチャンス生まれず。FW選手は組織にはまろうと個人プレーもあえて封印してるように思います。もっと工藤は球際強くがつがつ系なイメージありますけどね。去年のウタカも前半同じようなイメージでした。やはりサンフレッチェ組織サッカーは難しいんでしょうねー。
これで少し楽になったはず、くれぐれもゲーム前半早々の失点だけは気をつけてサンフレッチェらしいサッカーに近づいてほしいものですが、ACLにでてもないのにいかんせん怪我人が多すぎです。これはプロとして選手もチームも喝だあ!さあこっから気合い入れていけ!
トラックバック(0) 

祝!2017プロ野球開幕! [☆広島東洋カープ]

金曜日、土曜日と大阪出張や福山帰省もあり現場や移動で中々試合観戦ができませんでしたが今日はしっかり九里の気迫の粘投をテレビ観戦させてもらいました。
まあ開幕つまずきかけましたが無事に勝ち越してスタートができましたね。パチパチパチ。
阪神打線のおかげで、オープン戦微妙だったカープ打線が……開幕ゲームで先発ジョンソンが天気でバタつき、ニ戦目岡田が審判のストライクゾーンの狭さでバタつき……阪神打線にぼこぼこにされる中、さすがに地元超満員の開幕に「一方的なゲームだけは昨年王者として意地でもできない!」と打者陣の気持ちが結果に現れ、一気に昨年の打線が帰ってきました。二戦目乱打戦の末延長までもつれるもサヨナラに持ち込めたのが分岐点、今日は完全に昨年通りの上から目線の対阪神戦に戻ってきました。
この三連戦個人的には、今日の九里のピッチングが一番印象的ですかなあ。今年にかける気持ちが伝わりました。また、ツーシーム?が右打者の胸元にえぐり込みゴロ量産してましたねー。ピッチングの幅が広がり進化もしたような。またこの三連戦好調で前の打席にホームラン食らってる糸井に、一番怪我しなさそうなとこに一球お見舞いし、そのあとの福留に鬼の形相で打席に立たれる中ひょうひょうと四球でかわし、まだまだ青い次の若手でゲーツー!ピンチ回避!まさに「メシを食うための野球」。この一年間糸井さんにお世話になるためには大事な一球でしたねー。
土曜日20年ぶりに甲子園で心洗われながら高校野球みただけに、何とも大人な野球をみせていただき、これもこれで大好き野球でございました。
image-20170402212007.png
image-20170402212017.png
image-20170402212041.png
ちなみに2015年カープがあと一勝でCSに行けなかった年、田中の幻のホームランで一勝を逃したその現場検証に行ってきましたが、まあこのワイヤーに跳ね返されるって……。
image-20170402212059.png
そして新幹線で福山に着くと新幹線観戦してた噂のDAZNが下記のように……(怖)
image-20170402212146.png
そしてサンフレッチェー(怖)

トラックバック(0) 

上から目線の開幕予想! [☆広島東洋カープ]

昨年はリーグ制覇させていただいたんで今年の開幕は生意気にカープ以外の開幕戦力も語らせていただいて……いいとも!
①横浜!一番怖いのはやはり昨年CSに初めて進出したベイスターズですね。先発石田、今永、井納の三枚は他のチームよりワンランク上です。そして昨年捕手戸柱の固定が今年花開くかと。また打線も梶谷、筒香、ロペスの固定は相変わらず破壊力抜群です。そしてそして観客動員も劇的にアップしており、まさにカープ優勝への軌跡と同じ道を歩まれております。勢いもつきやすいチーム状態。優勝筆頭!怖しです!個人的には田中浩康が加入したのも打撃陣に厚み生むかと。
②巨人!やはり久しぶりにしっかり補強した巨人すね。陽が入りスタメンはスター集団で固まりました。まあこれで橋本到、立岡、岡本の売り出し中の若手も出番無し。機動力は全く無いチームにはなりそうです。逆に誰か怪我して長期離脱して若手が起用されだしたほうが点が線になり機動力も使えるんでしょうが……まあ打線は結果的にそんなに怖くないかと。また投手陣補強は車で言う高級中古車をたくさん購入した感じで、まあ結構高級車はいるんすよね。これをWBCで進化した小林が運転手として使いこなせたらやはり優勝十分なチームす。
③ヤクルト!川端、畠山が怪我がなければ軸に山田、バレンティンいて、脇に渋く雄平、坂口、大引いるんすから打線はリーグいちでしょうね。そしてこのチームの選手は細かい野球よく知ってます。ただ先発頭数いませーん。後ろも微妙。補強うまいだけに新戦力がはまるかどうか次第すな?
④阪神!先発は頭数いますがそれだけですね。まあ阪神ファンもスタメン一番から八番まで言えませんからね。二年以上実績ある野手少な過ぎ。まだ固定ができない進化中チームでしょ。まあ金本育成政権をフロントが我慢してくれたら来年ぐらいから芽がでだすかですな。糸井ねー。一年通しては無理っしょ。要注意はキャンプからおっさんなっても体のメインテナンスもすることなく不倫するくらい余裕ある福留くらいかな。巨人のように昨年捕手を我慢して固定しなかったつけが今年くるかと。
⑤中日!昨年前半ナニータとビシエドが怖かったなあ……今年補強したっけ?
大島、平田、大野……あれFAしたっけ?
どあらが一番人気では。昔のブラウン監督のベース投げやボール犬ミッキーなど試合以外に注目行くチームは……。投手は色々でてきつつありますが、まあカープ的には藤井、八木の動向だけ気になります。
と。あ~上から目線気持ちいいっすね。さあカープさんはこの一番上も一番下もありそうです!開幕楽しみに待つんだぞ~ん!
トラックバック(0) 

松坂登板でカープナインに「忖度 」があったんでしょうなあ~。 [☆広島東洋カープ]

image-20170326183659.png
FOXスポーツ
オープン戦11位に終わりましたね。連敗のまま勝利なく開幕突入。巨人さんより上なんで良しかな。すぐ上にベイさんも中日さんもいるし、セ・リーグ今年は混戦になりそうっすねー。
今日はエルドレッドの一発で五連敗免れるのがやっとでした。それにしても松坂相手にいくら調子がいいとはいえ7回ノーヒットノーランって。松坂開幕前最後の登板ということで、カープナインに「忖度」があったんでしょうなあ~。
打線はWBC戦士がいなかったとはいえ丸以外ひどい状態のまま開幕です。まともなのはオープン戦防御率まずまずの投手陣。特に先発陣がゲームつくれてるぐらいですかな。
それにしてもWBC戦士野手が三人もいない中、野手は誰もがつがつして目立ちさえしませんでしたなー。
結局庄司や土生あたり二軍のレギュラーどまり、野間もまだまだ故障あけレベル、堂林はあまりにも甘い球見送り過ぎ、會澤は大味な引っ張り専門スイングから成長無し……あとのボーダライン選手は存在すら不明。梵や岩本あたりどうしてんでしょうかな。
投手は主力陣はまずまずですが、こちらも今年のドラ1,2以外のボーダライン••戸田、恭平、横山、ほりえ、中村祐あたりすっかり聞かなくなりましたね。左投手不足は改善されませんでした。
結局チームとしては昨年のまんまで少し打力が落ち、投手陣と石原&會澤ででどう粘れるか?といったところでしょうかねー。
まあ最後は他の5チームがどれぐらい戦力アップしてくるかでしょうが。細かい野球ができそうなとこは……。開幕前に他のチームはまた語りたいと思います。
ちなみにDAZNオリジナル中継っすね!実況も解説も誰やねんです!
トラックバック(0) 

WBCメジャースタジアムでトランペット軍団登場! [その他]

image-20170322205003.png
TBS
侍ジャパンの皆さんお疲れ様でした!しっかりお休みいただきペナントレースでお待ちしております。
毎回書きますがWBC決勝ラウンドのアメリカまで渡ればよくやった!ですよー。野球は投手いいと完全にはまってしまいすからねー。野球の世界一は実力のワンランク上の領域、神がからないとやはり無理っすよ。
まあ心の小さい小さいカープファン浩二信者の私としては小久保くんも浩二さんの仲間入りしてくれて何よりです。浩二ジャパンだけ世界制覇できなかったっつうのだけはご勘弁ですからね(笑)
まあ今日試合よりびっくりしたのはドジャーススタジアムでトランペットで応援歌が乱舞したことでしょうかね?まあびっくりでしたよね。アメリカ人もびっくりしてましたよね。
まあこれが「グランド&スタンド含めた日本の野球文化」ですよ!
ネットでは「神聖なるメジャースタジアムでうるさい!」、「アメリカで失礼だ!」などなどー。まあベースボールをわかってないやつらばかりですね。野球なんて所詮アメリカ人がつくったエンターテイメント性高いスポーツで、世界統一ルールがあるようなサッカーとは大違い。
今日の試合前にドジャースのCEOがインタービュー受けてましたが「どちらが勝ちますか?」に「試合よりもチケット売り上げのほうが大事!」と申しておりました。
ましてやWBC世界戦!各国のベイスボールスタイルがグラウンドで繰り広げられるよう、スタンドも各国の応援スタイルで染められて当然です。トランペット演奏おおいにOK。トランペット軍団にあっぱれです!それを黙認したWBCにもあっぱれです!
菊池〜誠也〜広輔〜お疲れ様!はや広島帰ってこーい!
トラックバック(0) 

福山では金払ってケーブルテレビ&DAZNに入ってもカープ主催ゲームフルで観れない! [その他]

WBC東京ラウンド、日本は全勝で勝ち上がりましたね。パチパチパチ!それにしても各国レベルがあがり余裕のゲームがなくなりましたねー。おかげで投手を筆頭に選手は疲弊しきってます。世界一になったら侍一人につき各チームに一勝あげてゴールデンウィーク前までペナントレースは休ませてあげてもいいのでは。
まあ個人的には山本浩二信者だけに、世界一なんかになると浩二ジャパンだけがレッテルはられるだけですんで……小久保ジャパン!もうよくやった!といったところです。
そんなわたしですから興味はオープン戦のカープ先発候補陣と堂林くんの調子と……それからそれからそれからサンフレッチェの今年のスタートですな。
サンフレッチェは厳しいスタートきりましたなあ~。昨年から徐々にチーム支柱のレジェンド寿人をベンチに置き、新たなステージ目指して森保丸が舵をきったことにほとんどのサポーターが黙認し、結果試合に出ずともチーム精神的支柱だった寿人を放出したんですから、昨年の上を行くチーム状況にならないと…ほれみたことか!になる中、このスタートにチーム全体悶々としだしましたな。
黒田のように寿人をとどめるような動きも皆無だったからには、もうスタートダッシュ失敗はサポーター含めみんなの責任です。組織で戦う戦うチームだけに戦力マッチングが成熟するまでは我慢すな。序盤でじたばたせず森保の目指すべき方向へ皆で応接するしかありませんなあ~。
早くDAZN中継でサンフレ勝利をみたいものです。
そしてそしてDAZNでカープ主催ゲームが観れるのもびっくりです!地元放送局と一心同体のカープですからおそらく地元制作番組をDAZNが番販で購入するんでしょうが、Jリーグ中継に巨額の投資をしたDAZN、あまり報道されませんがカープ戦はいくらでお買いになられたんでしょうかね。ひそかにとんでもない金がカープに入金されてたりして。
あと地元主催ゲームがネットチャンネルなのに地元ではガードがかかるらしい。メジャーではたまにあるらしいですがカープ球団徹底してますなー。
まあ地元放送局保護なんでしょうが…広島市内では、中国新聞系ケーブルテレビ会社が地上波と連動してリレー中継して金を払えばプレーボールからゲームセットまでストレスフリー観戦なのですが、我が町ふるさと「福山」ではぽんこつ中国電力系ケーブルテレビ会社のせいで、カープ主催ゲームにケーブルテレビとDAZNに金を払ってもフルでカープ戦が観戦できないカープお膝元のまちになってしまいそうっす!(涙)
トラックバック(0) 

日南優勝パレードへ! [☆広島東洋カープ]

image-20170207182850.png
なっなんと日南優勝パレードに行って来ました!
40年来念願だった〜、優勝や日本一以上の念願、広島東洋カープが55年もキャンプをはりつづける育成カープの原点!日南に訪れてきました。
まだまだ昨年の優勝の余韻に浸りたい私〜、2月1日発売されたプロモデルユニフォームの左肩に優勝のエンブレムが…感激!ただ先にこれまた欲しかったメタルソウルレッドのヘルメットを先に購入!ユニフォームは夏ぐらいまでを目標に購入予定っす。そんな中あの日南で優勝パレード!の速報が。もう行くしかありません。つうことで人生で一番きつい移動スケジュールを組み、残念ながら雨の中とはなりましたが訪れてまいりました!
まあそれにしてもしんどかった、寒かった~でも大満足な超弾丸ツアーでした。
色々ありまして4日の前日夕方急遽決心して何故か関空からpeachに飛び乗りいざ!何故か何故か鹿児島空港へ。そしてレンタカーで日南へ!って文章で書くのは簡単なんですが~まあ遠かった!スタートは高速道路で順調だったんですが…日南寸前で(怖)一時間がかりのカーブ連続の下道走行!しかもまっ暗闇!鹿や猿どころか山賊でもでるか?なんて恐怖になる気持ちの余裕もなく…ひとつ間違うとカーブに突っ込む不安と人生初の運転しながらの乗り物酔いで何とか飫肥杉を抜けて飫肥のまちから日南市入り…まちの明かりが見えてほんと泣きそうになりました。
image-20170207093017.png
image-20170207093036.png
何とか日南駅近くに一部屋だけゲットできホテルへ。夜も遅いんで深夜の油津は車でぐるりと一回りだけで夜のまちへの参戦は回避してコンビニ飯で噂にはきいてましたが二局しかない民放をガチャガチャしながら晩酌就寝。
image-20170207093114.png
image-20170207093148.png
おかげで次の日は630にはしっかり起床。9時からのパレードにむけてしっかり情報収集!天気は雨(悲)、油津のまち中には交通規制もあり駐車場なさそうなんで日南駅から電車?…列車入りを決断!
車はホテルに置きっぱで日南駅へ。日南駅前は思ってた以上に官公庁の施設が規則正しく並び非常にきれいな町並み。近くには日南学園、駅の裏には王子製紙工場。カープの選手のスカウト基準にこのあたりのストーリーも何となく感じますねー。
image-20170207181228.png
image-20170207181304.png
image-20170207182917.png
駅につくと鉄道好きにはたまらない昭和な雰囲気プンプンの駅舎からホームへのストローク。
image-20170207181636.png
image-20170207181650.png
そしてひと駅乗車してやってきました油津駅!ぞろぞろとカープファンの皆さん。
パレード時間のポイント予報は強い雨!う~ん。人もかなり多そうなんで場所確保はやめて事前にまち探索へ。
image-20170207183005.png
image-20170207183028.png
image-20170207183051.png
image-20170207183128.png
image-20170207183256.png
image-20170207183308.png
image-20170207183328.png
image-20170207183434.png
image-20170207183507.png
image-20170207183525.png
image-20170207184108.png
image-20170207184124.png
image-20170207184137.png
image-20170207184146.png
いやあ~駅のまわりに非常にコンパクトにアーケード、百貨店、飲食店街、住宅、そしてカープの宿泊施設に、天福球場、直ちゃんラーメンと点在していて20分ぐらいで一週できちゃいました。そしてあらためておもったんですがこのまち「魅力的な活気あるさびれたまち」ですね。さびれたまちを肯定的に使うのはじめてです。かつてマグロ漁の全線基地や飫肥杉の切り出し場として栄えたまちと検索するとでてきましたが…多分その当時の繁栄したまちがそのまま冷凍庫の中に保存されてたようなまちというか、おそらく新幹線から即のまちではなく、高速道路も直ではないので、地元の方は相当ご苦労されたのでしょうが、中々企業が進出して来なかったことによって昭和なまちがやや寂れはありますがしっかりそのまま残った町並みが非常に魅力的に存在してます。大都市資本が入らないので、APAホテルも東横インも、イオンも和民もありません。コンビニとファミレス一店ぐらいであと山形屋という地元資本百貨店や個人商店の商店街、個人経営の飲食店ばかり。最近は日本のどのまちも一緒の景色と思ってましたがびっくりです。そんなまちだからこそ広島東洋カープにはぴったりなマッチングなんでしょうね。カープが少し洗練されると街も少し洗練された場所がちらほらと、一方でプロの選手が自転車に乗ってうろうろする「カープ一本道」のような日南に根差したストーリーもしっかり継承されてます。緒方監督がセレモニーで「練習に練習を重ね選手を鍛え育て強くなっていく球団です。」と言っていましたが、まさにその環境にはこの日南のまちしかありませんね。
近々に東光寺あたりまで高速が繋がるようで少々心配ですが、この文化さらに80年、100年と継承されてほしいです。
image-20170209091254.png
image-20170209091311.png
image-20170209090730.png
image-20170209090746.png
image-20170209090806.png
image-20170209091027.png
image-20170209091041.png
優勝パレードは残念ながら雨により「単なる徒歩での球場入りの追っかけさん状態」になってしまいました。
最後にやっと映像で何度もみた天福球場へ。
image-20170209091411.png
image-20170209091433.png
image-20170209091505.png
image-20170209091548.png
image-20170209091601.png
image-20170209091723.png
image-20170209091739.png
周辺施設も。新井のランニング坂も。
生で地獄のキャンプの選手の姿をみることはできませんでした。残念。まあ選手の泥にまみれる姿は次回の日本一パレード参戦までとっておこうかと。
直ちゃんラーメンぐらい食べて帰ろうと思いましたが雨が冷たく並ぶ元気はありませんでした。飛行機の時間もあり1030には「魅力的な活気あるさびれたまち」日南を離れ、そしてまたくねくね道を通り今度は都城経由で鹿児島空港へな旅でございました。はあ〜疲れたあ〜。
トラックバック(0) 

2017年!本年もよろしくお願いいたします! [☆広島東洋カープ]

本年もよろしくお願いいたします!
いやあ~それにしても昨年は幸せな一年でしたね。年末年始広島に帰りあらためて親戚まわりをしたら、昨年はカープの「カ」の字も存在しない一族だったのが、まさかの甥っ子がカープの帽子で現れたり、姪っ子がシーズンオフにカープ野球教室に参加してたり、自宅にカープグッズがたくさんあったりと…みんな潜在的にこんなにカープのことが好きだったんだ!と実感いたしました。やはり何年かに一度は優勝をしなければですね!
まだまだシーズンオフが続いて黒田の懐かし話の余韻に浸りたいとこですが、あんまり浮かれてるとまたまた25年過ぎちゃいそうなんで…今年もスタートです。
個人的な今年の期待はまず選手皆が怪我なく(特にWBCあたりで怪我などせぬよう、中崎は呼ばれないことを祈るばかりです!)、そして野手は●堂林、投手は●大瀬良の進化!これが具体化すればAクラスは余裕かと!
打線は結果を伴ったチーム方針、理論の上の打線なんで今年は怪我人でなければ大崩れはしないかと。
やはり今年は投手陣次第でしょうな。連覇したければ石原軸の編成、次世代見据えれば會澤、磯村多用ですんで、まあそこはチーム方針次第です。あと中継ぎ型の左腕をこのチームは全く補強もしないし、ドラフトでもとりませんよね。見込める中継ぎ左腕は今年も見当たりませんね。今年もゲーム終盤で筒香、梶谷、福留あたりどかんどかんいかれんでしょうか?日本シリーズに一枚磐石左腕いればもう少し左打者抑え込めていたのにねー。
まあこんなあたりにスタートとはしておきましょう!今年もよろしくお願いいたします!
トラックバック(0) 

広島が自信を取り戻した一年! [その他]

今年の広島の一年を振り返るとやはり「自信を取り戻した一年」ではなかったでしょうか!

カープの25年ぶりの優勝、駅前に2つの高層ビルが完成し、北口はペディストリアンデッキでつながり、やっと近代的な100万都市の玄関口に変貌をとげる第一歩のスタート、サンフレッチェは今年は…ですがここ五年で三度の優勝といわずもがな。マツダもバブル崩壊以降の迷走、リーマンショックからやっと抜け出し個性的な自動車メーカーとしてすっかり定着。ここ数年のカーオブザ賞を総なめなどなど。

1991年前後、そうカープの前回の優勝からカープだけでなく広島のすべてが20年以上迷走してきたように思います。
それまでは常勝カープ、マツダの経営も右肩あがり、海島博、アジア大会、アストラムラインなどなど日本経済とともに、元気な元気な前のめりな広島でした。しかしバブル崩壊ですべてが崩れ…永久的な右肩あがり神話を信じたマツダの多チャンネル化でトヨタ、日産に追い付けの拡大路線経営は会社崩壊の大失敗でフォード傘下に。広島大学、広島空港の山の中へとこれまた政治家のパワーバランスによる場当たり的な発想の計画がさらに広島のまちを衰退させました。

一方でこの20年、周辺都市に目をやると大阪は派手なお笑い文化や阪神タイガースが日本中を席巻しなにわのこてこて文化はよくも悪くも大阪人のアイデンティティとして形づくられ、また福岡はダイエー資本の崩壊後ソフトバンクの莫大な孫マネーにシフトチェンジし、パワフル野球でまちを活気づけ、アジアの日本玄関口と位置付け日本経済不況の中、中国景気をバックに日本一の元気な街に。また九州新幹線開通で九州の玄関口としての位置を確固たるものとし、駅ビルなどは東京や大阪と遜色ない近代化ぶり。

そんな中、広島は野球は汚い古いスタジアムで見るもの、大学は郊外で学ぶもの、東京へ行くのに福岡の人は余裕で日帰りも‥新幹線か飛行機か悩みながら片道4時間近い移動をしいいられ、何をやってもただただ自己満足。成人した20代は生まれてづっと他都市に比べて卑屈に生きてきた者ばかりのはずでは‥。

ただそんななかでも腐らず、過去の先人が生きてきた世界観を否定せず、時代に左右されずコツコツとしっかり継承してきたことでぶれない、辛抱強い文化が育ちました。さすが農業、工業などものづくりのまちだけのことはあります。
まちを走る路面電車などその象徴です。頑固に(経営的なものもありますが)、地下鉄を追わず、新型車両を追わず…結局時代が一回りして見直され最先端でエコな取り組みと皮肉混じりに持ち称えられるまちでもあります。

ただ結果がでない中で本当にこのスタンスは正しいのか?過去を捨て新しい世界をとりいれるべきではないのか?もっと文化は違えど巨大な力を注入するべきではないか?といった意見の中…

広島から旅立った現役バリバリのメジャーリーガー黒田博樹が「僕に残された球数はそれほど多くない。一球の重みを考えたとき、…広島という小さなまちですけど、そこでぼくを待ってくれている人がいるというのをすごく感じていた」と新井とともに復帰してくれたことで、広島暗黒の20年が否定ではなく、「苦難を乗り越え黒田が帰りたくなるような魅力あるまちを形成していたんだ!」と自信を取り戻し、しかもリーグ制覇として結果をだしたことにより自信とともにそれが具体的にかたちとなってあらわれた一年だったと思います。「さあもう迷うことはない。浮き足立つな!広島魂をもつ人々はどんと構えて広島スタイルでつきすすめ!」ですな。

「広島はオリジナルパワーでコツコツと!」根拠なき無謀な判断をせず、身の丈にあったスタンスでコツコツと突き進めばおのずと常ではないが心地よき時が安定して訪れる!その心地よき事を頭にしっかり焼き付け、辛いとき、下降気味の時少しづつ思い出したりしながら反芻しさらなるパワーに変えながら生きていくことが広島人アイデンティティでありますな。
トラックバック(0) 

2016年度カープ各選手表彰! [☆広島東洋カープ]

image-20161130000340.png
NTV「ZERO」
★セ・リーグ最優秀選手(MVP)
新井貴浩
★セ・リーグベストナイン
野村祐輔
石原慶幸
新井貴浩
鈴木誠也
丸佳浩
★三井ゴールデングラブ賞
石原慶幸(2)
菊池涼介(4)
丸佳浩(外)
鈴木誠也(外)
★「2016年度沢村賞」受賞
K.ジョンソン
★野村祐輔(セ・リーグ最多勝16、最多勝率)
★菊池涼介(セ・リーグ最多安打188)
トラックバック(0) 

サンフレッチェとは佐藤寿人を中心とするチームのはずが… [☆☆☆サンフレッチェ]

image-20161117190258.png
まだ天皇杯は残ってますが、今年のサンフレッチェは悲惨でしたねー。今年の運気はカープに全部もっていかれた感じっすね。
四年で三回優勝しても、スタジアムの話は全く前向きに進みませんしね。このあたりからどうもチームに暗雲がたちこめてきてしまいましたね。
ウタカが得点王とかいいますが、ここ一番の決定的なチームの士気上げるようなゴールはほとんどなかったように思います。個人的には今年書き続けましたが、チームにマッチしない得点王?てなかんじでしょうかね?
年間チーム状況みても…
DFは怪我だらけ、若手もこれといった成長無し、塩谷オリンピック選出、浅野放出、助っ人得点王もチームにはまらず、スタジアム問題混沌…
とどめは千葉の痔の薬がドーピングに引っ掛かり、ミキッチ交通事故。
そしてそして寿人移籍~?
浅野出して、寿人移籍って、チームのモチベーション、営業的な観客動員、グッズ含めた人気など、がた落ちしかねませんよ。
いまいち原因はわかりませんが、少し森保のその時その時の力優先の結果主義が暴走しているようにも感じます。あらためてこのチームは戦術も、精神面も、人気も寿人を中心としたチームだと思います。そこをベースに結果や若さを味付けしていくのが森保の仕事だとおもうんですがねー。まあシーズン後半はチームに寿人がいないのが当たり前なチームになってましたんで、一概に「寿人はサンフレッチェをでるべきではない!」とはいいきれませんが、ただ本当にサンフレッチェは寿人をだしていいのか?寿人はサンフレッチェをでていいのか?
寿人のあの前線での繊細な動きを察知して、キラーパスできる選手いないと生きませんからねー。
寿人スタイル完成まで名古屋が我慢して耐えれるか?そこまで寿人中心なチームになれるのか?青山や高萩あたりを名古屋に配置できれば話は別だがまあそれはないだろうしね。
まさに巨大トヨタがマツダの味付けを求めたように、名古屋に寿人テイストを求められてんでしょうがね。中々シンプルに個人技だけで決めるプレースタイルでないだけに。

サンフレッチェの黒田ですよ。ミスターサンフレッチェですよ。サッカーの世界とはそういうもんなのか?寂しさ、悲しさ越えていやはや呆れるばかりの展開です。
トラックバック(0) 

2016 セントラルリーグ優勝パレード [☆広島東洋カープ]

image-20161105141023.png
人生初の優勝パレードに参加してきました(涙)
広島で仕事があり、うまく広島にまえのりできて、池谷さんの息子さんの店「串焼き力」で前祝いときめこんで…今年はとんぼ返りばかりのマツダスタジアム観戦でしたが、やっと流川、薬研堀をうろうろできました。
image-20161105141125.png
image-20161105141140.png
途中でこのお方にも、まさに25年ぶりに‥
image-20161105141425.png
ホテルに向かうもすでに場所とり!
image-20161105141443.png
image-20161105141457.png
二日酔いながらも、しっかり早起きして、平和大通りへ。
image-20161105141514.png
image-20161105141529.png
人生初の優勝パレードでしたが、前の晩のワクワク感と当日朝のいま来るか?のドキドキ感は非常に刺激的な時間でしたが、
image-20161105141933.png
image-20161105141950.png
image-20161105142015.png
いざ目の前をパレードが通過すると豆粒ほどがあっという間に通り過ぎていきました。
image-20161105142323.png
image-20161105142344.png
image-20161105142418.png
まあ、観る側もほぼはじめての経験で何をどおしていいのやら、ましてや昭和50年のパレードは優勝数日後ということもあり、今回はみな落ち着いた中での非常に品のいい暖かい中での優勝パレードでした。9月からあちこちへお金も時間も使いはしりまわったカープファンの皆さんとりあえずやっと長い長い格別な一年が終わりましたねー。お疲れさまでした!
image-20161107195003.png
image-20161107195019.png
フジテレビ
image-20161107195031.png
NHK



トラックバック(0) 
前の30件 | -